大切な想いが詰まった遺品の整理、時期やタイミングっていつ?

今回は、故人がお亡くなりになった後の、想い出の詰まった遺品をいつ整理すれば良いのかという事についてお伝えしていきます!

大切な故人がお亡くなりになっていざ片付けようと思っても、なかなか気持ちの整理がつかず、遺品を整理する余裕もなく日々が過ぎていくものです。
遺品整理だけでなく、相続の手続きや公共料金など、早急に行わなければならない手続きにも追われることでしょう。

遺品整理を始める時期について、個人差はありますが、一般的には四十九日を起点に遺品整理をされる方が多いです。
仏教において、お亡くなりになってからの四十九日目が”忌明けの日”とされており、その前夜までに故人が成仏できるよう終えておくことがベストだとされています。

みんないつ整理しているの?

四十九日以外に、どんなタイミングで遺品整理をしているのか、見ていきましょう!

⋯各法要のタイミング⋯
平日はお仕事で忙しくされている方、遠方にお住まいの方などご遺族が集まる機会ってなかなかないものですよね。
法要のタイミングであれば、ご遺族が集まるので話し合いながら遺品整理が出来ます。

⋯各種手続きを終え、落ち着いたタイミング⋯
代表的なもので言えば、財産分与・相続手続き・公共料金などの名義変更・死亡届などの各書類提出など、早急に行わなければならない手続きは山ほどあります。
休む暇もなく毎日が慌ただしく過ぎていくので、このような手続きを終え、一段落ついたタイミングであれば落ち着いて遺品整理が出来ますね。

⋯気持ちの整理がついたタイミング⋯
大切な方を亡くされた時は直ぐに心の整理なんて、できないですよね。
思い出が沢山あり、心が癒えるまで数年かかる方もいらっしゃいます。焦ることはないので、ご自身のタイミングで整理出来ます。

その他にも、四十九日前日や後日、葬儀・告別式の翌日などタイミングは人それぞれです。
体力や精神的な面でも、遺品整理を業者に頼む方も多くいらっしゃいます。

糸島市の『遺品整理いとしま』にお任せ下さい!

遺品整理いとしまでは、皆様のお力になれるよう真心を込めてひとつひとつ丁寧に取り扱い致します

活動エリアも糸島市、福岡県のみならず佐賀県にも対応しております。
また、「福岡県公安委員会 古物商許可」を保持しているので、現地で家電などの買取も可能です!

事件現場特殊清掃士の資格を持つスタッフ一同、皆様のご依頼を心よりお待ち致しております。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ

TEL:

携帯電話:

※「ホームページを見た」とお伝えください。
※作業中は電話に出られない場合がございますが、その際は折り返しご連絡いたします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加